サイトトップハウスクリーニングの相場と料金 ≫ 業者によって料金が違う理由

ハウスクリーニング相場の比較サイト メイン画像

ハウスクリーニング相場を比較しているサイトです

House cleaning market ではハウスクリーニング業者を選ぶお客様が、
正しい業者選びをするための情報を提供しています。

ハウスクリーニング料金が業者によって違う理由

ハウスクリーニング料金が業者によって違う理由

ハウスクリーニングでは、同じ場所を同じようにクリーニングしてもらっても、業者によって料金がまったく違う場合があります。
業者によって料金が違う理由を簡単に言えば、業者の自信が料金に反映されている訳ですが、料金を高めに設定している業者には高い理由が、料金を安めに設定している業者には安い理由が必ずあります。
ですが、料金の高さと満足度が必ずしも比例しないのがクリーニング業者選びの難しいところで、このページでは業者の料金設定に差が出てしまう理由を紹介いたします。

ハウスクリーニング料金が高くなる理由

商品やサービスには適正価格があり、適正価格は、仕入れや各種経費・人件費などから算出されます。
ハウスクリーニングの場合は、洗剤や資材などの経費はそこまで多くなく、業者による違いもほとんど誤差の範囲内ですが、広告費と人件費などの部分で業者によって差が出てしまいます。


【理由①】広告費などの経費が違う


個人事業などの小規模な業者の場合、あまり広告に経費を使わない業者も珍しくありませんし、さらに従業員もいない場合には、自分や家族が生活できるだけの利益さえ出せれば、普通に経営していくことが可能です。
ですが、大規模な業者の場合には、テレビCMなどへの広告費をはじめ、本部社員の人件費や本部事務所の賃貸費用なども必要で、小規模な業者に比べて、各種経費や人件費が高くなってしまいます。
特に、テレビCMなどの高価格な広告を多く使っている業者は、他の広告費を使わない業者に比べて料金が高くなる傾向があります。


【理由②】そもそも安くする必要がない


商品やサービスの料金は、需要と供給のバランスによっても左右されます。
需要と供給のバランスとは、需要が多いのに供給が少ないと料金(市場価格)は高くなり、需要がほとんど無いのに供給が多ければ料金(市場価格)は低くなることです。
ハウスクリーニングは、現在、右肩上がりで需要が伸びている業界であり、今後も右肩上がりで需要が伸びていくことが予想されています。
今後も需要が伸びていく業界である以上、今現在、十分な注文が取れている業者の場合には、値下げをする理由が何も無く、料金は高止まりしていくことになります。

ハウスクリーニング料金が安くなる理由

商品やサービスには適正価格があり、適正価格は、仕入れや各種経費・人件費などから算出されます。
ハウスクリーニングの場合は、洗剤や資材などの経費はそこまで多くなく、業者による違いもほとんど誤差の範囲内ですが、広告費と人件費などの部分で業者によって差が出てしまいます。


【理由①】広告費などの経費を使わない


大手企業などの大規模な業者の場合、テレビCMをはじめとした各種広告に多くの費用を使う業者もありますし、さらに本部社員の人件費や本部事務所の賃貸費用なども必要で、営業所単体では黒字だったとしても企業として利益が出たかどうかは別問題です。
対して、小規模な業者(個人事業など)の場合には、あまり広告に経費を使わない業者も珍しくありませんし、さらに従業員もいない場合には、自分や家族が生活できるだけの利益さえ出せれば、普通に経営していくことが可能です。
特に、事務所などを賃貸していない事業者(持家の自宅を事務所にしている個人事業など)の場合には、他の業者に比べて経費がかからないために損益分岐点が低く、料金を低く設定しても十分に経営していける傾向があります。


【理由②】そもそも注文が少ないので料金を安くするしかない


商品やサービスの料金は、需要と供給のバランスによっても左右されます。
需要と供給のバランスとは、需要が多いのに供給が少ないと料金(市場価格)は高くなり、需要がほとんど無いのに供給が多ければ料金(市場価格)は低くなることです。
ハウスクリーニングは、現在、右肩上がりで需要が伸びている業界であり、今後も右肩上がりで需要が伸びていくことが予想されています。
ですが、すべてのハウスクリーニング業者が業績を伸ばしているかというとそうではなく、注文が少ないために四苦八苦している業者も多くいます。
注文が少ない業者にも、技術力はあるけど注文が少ない業者と、そもそも注文が少ないために技術力が上がらない業者があり、前者の場合には付加価値を付ける事で他社との差別化を図って注文を取りに行くことも出来ますが、後者の場合には「料金を下げて価格競争に参加して注文を取る」または「廃業する」という2つの選択肢しかありません。
当然、料金を下げて価格競争に参加して注文を取ることになり、料金は下がっていくことになります。

ハウスクリーニング業者の料金設定まとめ

ハウスクリーニング業者の料金設定は、大きく分けると「広告費などの経費を多くかけることで、料金が高くなっても多くの注文を取れる業者」「広告費などは抑えめに平均的な料金で勝負する業者」「経費をかけずに低価格でのサービスを提供する業者」「注文が少ないために低価格での価格競争を余議なくされた業者」の4つに分けられます。

それぞれの業者にはそれぞれの戦略があり、料金設定にも理由が必ずありますが、ハウスクリーニングサービスの満足度と料金が比例するわけではないことには注意が必要です。
特に、料金が安い業者の場合、一般的に当り外れが大きく、外れを引いてしまった時に安かったからしょうがないと割り切れれればいいのですが、普通はそうもいきません。
また、「経費をかけずに低価格でのサービスを提供する業者」は基本的に数が少なく、経費を抑えても高めの料金設定で注文が来るなら普通は高めに設定します。
料金が安い業書の中から「経費をかけずに低価格でのサービスを提供する業者」を見極めることは難しいですが、外れを引かないためには業者のホームページを良く見ることが重要で、ホームページで専門的な知識などを紹介していたり、ビフォーアフターの写真を掲載していたり、付加価値があることをアピールしていたりするほうが基本的には安心です。

日本全国対応可能なハウスクリーニング業者

【家事代行サービス業者】
Copyright(c) 2013 House cleaning market All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com