サイトトップハウスクリーニング業者の選び方 ≫ ハウスクリーニング業者を選ぶポイント

ハウスクリーニング相場の比較サイト メイン画像

ハウスクリーニング相場を比較しているサイトです

House cleaning market ではハウスクリーニング業者を選ぶお客様が、
正しい業者選びをするための情報を提供しています。

ハウスクリーニング業者を選ぶポイント

ハウスクリーニング業者を選ぶポイント

yahooやgoogleなどの検索エンジンでハウスクリーニング業者を探す場合、検索結果がたくさん出て来て困ることも多いと思います。
ハウスクリーニング業者のホームページを見た時に、まず最初に確認するのは料金になると思いますが、料金と同じぐらい気になるのは、クリーニング後の仕上がりや、事故が起こった時の対応です。
仕上がりや事故対応は、ホームページだけでは判断しにくいですが、ポイントを抑えて選ぶことで失敗の確率を下げることが出来ます。

【業者を選ぶポイント①】 料金設定を確認する

ハウスクリーニング業者の料金設定は、大きく分けると「広告費などの経費を多くかけることで、料金が高くなっても多くの注文を取れる業者」「広告費などは抑えめに平均的な料金で勝負する業者」「経費をかけずに低価格でのサービスを提供する業者」「注文が少ないために低価格での価格競争を余議なくされた業者」の4つに分けられます。

最初に大切なポイントは、お客様がどれぐらいの料金で、どれぐらいのハウスクリーニングサービスを受けたいかを自分自身で決めることです。
技術力や対人能力の優れた業者に、ハウスクリーニングを適正価格で依頼するためには、あらかじめ依頼したいハウスクリーニングのサービス内容や料金の相場について調べておく必要があります。
クリーニング箇所や種類によって、それぞれ料金の相場がありますので、お客様から見た適正価格や予算を決めて、その予算内で業者を探すことがポイントです。

ただし、各クリーニング業者のホームページに書かれていることがすべて正しいとは限りませんし、電話で問い合わせてみたら料金が違ってたということもあるようです。
まずは、問い合わせや現地見積りの段階で、きちんと料金を確認して、その料金以上に請求される可能性が有るのか無いのかも確認することが重要です。


【料金設定による分類】※一般的な分類で、そうでない場合もあります。


●広告費などの経費を多くかけることで、料金が高くなっても多くの注文を取れる業者
 例)大手クリーニング業者など
●広告費などは抑えめに平均的な料金で勝負する業者
 例)平均的な料金設定。中小クリーニング業者など
●経費をかけずに低価格でのサービスを提供する業者
 例)低価格な料金設定。個人事業者など(このタイプの業者の数は圧倒的に少ない)
●注文が少ないために低価格での価格競争を余議なくされた業者
 例)安すぎる料金設定。個人事業者や中小クリーニング業者など

【業者を選ぶポイント②】 コストパフォーマンス

ハウスクリーニングの最大の特徴は、自分でお掃除する以上の仕上がりが期待できることです。
ですが、いい加減な業者に頼むと、適当に作業されて期待外れに終わる可能性もあります。
料金設定と同じぐらい大切なポイントは、単純な値段だけの比較ではなく、コストパフォーマンスで比較することが最終的に損をしないために大事であるということです。

ハウスクリーニングの業者選びは、料金設定と満足度が必ずしも比例しないのが難しいところですが、依頼する前に業者のホームページを良く見ることで、失敗する可能性を下げることが出来ます。


【コストパフォーマンスを見極めるポイント】


●クリーニングの専門的な技術を持った業者なのか?
 他業種から手を広げた業者の場合(便利屋など)、清掃専門のプロではない可能性があります。
 ホームページで専門的な技術を持った業者なのかを見極める必要があります。
 ホームページで専門的な技術を紹介しているページがある場合、必ず見るべき情報です。
●作業スタッフの技術力は?(社員なのかアルバイトなのか)
 業者によってはアルバイトを使っている場合もありますが、アルバイトはプロではありません。
 ホームページでスタッフの紹介をしている場合、必ず見るべき情報です。
 ホームページで作業前後の画像を紹介している場合、必ず見るべき情報です。
●電話対応やメール対応の丁寧さは?
 顧客に対して丁寧な電話対応が出来ない業者は、お掃除も適当な場合が多いです。
 電話対応やメール対応が丁寧かどうかは、必ずチェックするべき情報です。
●口コミ評判掲載サイトの評価は?
 過去の顧客がクリーニングの仕上がりに納得しているかどうかを見ることが出来ます。
 ただし、口コミを掲載している業者検索サイトは、業者から手数料を取ることで運営しています。
 手数料を払っている業者の口コミしか載っていないことは頭に入れておく必要があります。

【業者を選ぶポイント③】 仕上がりイメージを共有する

最後に一番大事なことは、作業前にクリーニング後の仕上がりイメージを共有することです。
お客様と作業員の間で仕上がりイメージを共有するとは、問い合わせや現地見積りの段階で出来るだけ多くの話をして、業者がイメージしている仕上がりにお客様が納得した場合に注文するということです。

ハウスクリーニングの料金と作業範囲は、見積りの時に細かく確認することが出来ます。
仕事が適当な業者は、仕上がりに自信がないために、細かく確認されることを嫌がります。
業者選びに失敗しないためにはここが重要なポイントで、料金作業範囲仕上がりのイメージを細かく確認することによって、適当な業者をあぶり出すことが出来ます。

ただし、あまり高圧的な言い方をしたり、しつこく聞いたりすると、嫌なお客様(2度と頼まれたくないお客様)だと思われて、実際に作業に来た時に逆に手を抜かれる場合もあります。
作業員も人間ですので、嫌な気持ちで作業すれば身も入らないですし、気持ちよく作業できれば一生懸命にやってあげたくなるものです。
作業員に気持ち良く作業させてあげることも、良いサービスを受けるためのポイントになります。


【見積りの時に確認するべきポイント】


●作業後に変わることのない正確な料金を確認する。
●作業範囲がどこまでなかのを確認する。
●作業するスタッフが社員なのかアルバイトなのかを確認する。
●作業するスタッフの人数を確認する。
●作業時間がどれぐらいなのかを確認する
●クリーニングでは落とせない汚れの有無を確認する
●仕上がりはどの程度キレイになるのかを確認する
●賠償責任保険への加入の有無を確認する

【業者を選ぶポイント④】 万が一の補償制度

多くの業者が作業には万全を期しているはずですが、万が一、作業中に自宅の設備が破損した場合などは、賠償責任保険に加入しているかしていないかで大きく補償内容が変わる可能性があります。
大きな事故が起こった場合(例えば、フローリングの張り替えが必要な事故など)は、賠償責任保険に加入していない業者の場合、賠償する事が出来ずに倒産してしまったり逃げてしまったりということも考えられます。
賠償責任保険に加入している業者であれば、クリーニング作業中に起こった事故に対し、賠償責任保険を使って賠償することが出来ます。
クリーニング業者を選ぶ際のポイントとして、賠償責任保険への加入の有無を確認しておくことも必要です。

日本全国対応可能なハウスクリーニング業者

【家事代行サービス業者】
Copyright(c) 2013 House cleaning market All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com