サイトトップお役立ち情報 ≫ トイレの黒ずみの落とし方

ハウスクリーニング相場の比較サイト メイン画像

トイレの黒ずみの落とし方を紹介しているページです

House cleaning market ではハウスクリーニングのプロの、
洗浄方法(どうやって掃除しているのか)を紹介しています。

トイレ(便器)の水面付近が黒ずんで落ちない

トイレ(便器)の水面付近が黒ずんで、いくら洗剤をかけても、全然落ちないことがよくあります。
トイレブラシでどれだけこすっても取ることが出来ないこの黒ずみは、トイレ掃除の天敵です。
毎日お掃除すれば問題ないのですが、ついさぼってしまうと気付いた時には落とせなくなっています。
このページではハウスクリーニングのプロが「トイレの黒ずみ」をお掃除する方法を紹介します。


トイレの黒ずみの落とし方

トイレ(便器)の黒ずみの原因

トイレ(便器)の水面付近の黒ずみは、カビなどの微生物やホコリなどが主な原因です。
カビやホコリなどが水垢汚れと一緒になることで、簡単には落とせない汚れになってしまいます。

水垢は水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどが水が蒸発した時に残ったもので、付着して間もないものであればブラシなどで簡単に落とす事が出来ますが、時間が経過して固着してしまうと取り除くことが難しくなります。
トイレの便器の水面付近の黒ずみは、その水垢が生成されるときに、水面のホコリやカビなどの細菌と一緒に固まったものなので、基本的には落とし方も水垢の除去方法と同じになります。


トイレ(便器)の黒ずみの落とし方

トイレの便器の水面付近の黒ずみの落とし方は、基本的には水垢の除去方法と同じです。
水垢は水が蒸発した時に水道水に含まれるカルシウムなどが残ったもので、アルカリ性の汚れです。
アルカリ性の汚れに対しては、酸性の洗剤を使用して中和して落とすことが基本となります。
ただし、水垢の汚れは、固着して便器表面と同化してしまうと、洗剤の力だけでは除去することが難しく、研磨することで物理的にこすり落とす以外には除去することが出来なくなってしまいます。


① 酸性の洗剤で中和して落とす


軽度のトイレ便器の黒ずみに対しては酸性洗剤が有効です。
市販のサンポールの成分は塩酸9.5%なので、業務用のトイレ洗剤と同じぐらい強力です。
クレンザーなどで研磨すれば、便器の表面に目には見えない細かいキズがついてしまう可能性もありますので、まずは酸性洗剤で落とせるかどうか試しましょう。
黒ずんだ部分が水面付近の場合、水で薄まって洗剤の効果が出にくくなりますので、灯油用の手動ポンプや紙コップなどを使って水位を下げてから洗剤をかけるのがポイントです。


② 研磨剤が入ったクレンザーでこすり落とす


酸性洗剤では便器の黒ずみを落とせなかった場合、研磨剤が入ったクレンザーでこすり落とします。
トイレ用のクレンザーなども市販されていますので、水垢ごと除去するようにこすり落とします。
黒ずんだ部分が水面の場合、水で薄まって研磨剤の効果が出にくくなりますので、灯油用の手動ポンプや紙コップなどを使って水位を下げてからこすり落とすのがポイントです。

また、市販のクレンザーなどに含まれる研磨剤は、陶器の持つ硬さ(モース硬度)よりも柔らかく、水垢よりも硬く作られているものが多いので、基本的には陶器をキズ付けにくいのですが、陶器よりも硬い研磨剤入りのクレンザーの場合、便器の表面に細かいキズを付けてしまいます。
トイレ用クレンザーを使用すれば問題ないので、他用途のクレンザーは使用しないほうがいいでしょう。

※便器の中には研磨剤入りのクレンザーの使用を禁じている物もありますので注意が必要です。
※陶器製ではない場合(プラスチックなど)には、研磨剤でこすることでキズが付く便器もあります。


③ 陶器用研磨パッドで物理的に研磨して落とす


クレンザーでも便器の黒ずみを落とせなかった場合、陶器用研磨パッドで物理的に研磨して落とします。

耐水ペーパーを使ってキレイにこすり落とすことも出来ますが、耐水ペーパーで研磨した場合、便器の表面に目には見えない細かいキズが付いてしまいます。
1500番以上の耐水ペーパーなら便器はキズ付かないと主張する人もいますが、1500番以上のものであっても目に見えるキズが付かないだけで、目には見えない細かいキズがつくことは防げません。
これは、耐水ペーパーの研磨面の硬さ(モース硬度)が陶器の表面よりも硬いためで、2000番の耐水ペーパーで磨いてもキズが細かくなるだけでキズ付くことは変わりません。
便器の表面がキズ付けば、磨いた時はキレイになっても、その後で汚れやすくなってしまいます。

そのため、ハウスクリーニングのプロは、陶器用研磨パッドを使用して便器を磨きます。
陶器用研磨パッドとは、陶器が持つ硬さ(モース硬度)よりもほんの少しだけ柔らかく設計された陶器専用の研磨パッドで、絶対にキズが付かないとは言い切れませんが、耐水ペーパーに比べれば明らかにキズが付きにくいのが特徴です。
陶器よりも少しだけ柔らかくて水垢よりも硬いので、便器の表面にキズを付けることなく、水垢ごと便器の黒ずみをこすり落とすことが出来ます。
ただし、水に圧力をかけて噴射することで鉄や岩を切断する高圧水駆動カッター(ウォータージェット)などもあるように、モース硬度が低い物質でモース硬度が高い物質をキズ付ける事が出来ないわけではありません。
陶器より少しだけ柔らかく設計されている陶器用研磨パッドとはいえ、力の入れ過ぎは陶器にキズを付けることにもなりかねませんので注意が必要です。
黒ずみが取れたらすぐにやめるのが重要で、必要以上にこすらないことがポイントです。

※研磨剤入りのクレンザーの使用を禁じている便器には陶器用研磨パッドも使用できません。
※陶器製ではない場合(プラスチックなど)には、陶器用研磨パッドで研磨することでキズが付く便器もあります。


モース硬度とは?
モース硬度とは、物質が持つ硬さの尺度の1つで、物質同士をこすり合わせた時の「摩擦」や「ひっかき傷」に対する強さです。
天然の物質の中で一番モース硬度が高い物質として「ダイヤモンド」が知られています。
陶器のモース硬度はガラスとほぼ同じぐらいなので、ガラスを磨いた時に細かいキズが付く物は、同じように、陶器を磨いた時にも細かいキズが付きます。

トイレの黒ずみに便利な掃除道具

ハウスクリーニングのプロ必須アイテム【陶器用 研磨パッド】
キズがつきにくい!曲面が磨きやすく、使いやすい陶器専用設定
陶器汚れ落し PRO
価格:398円 (税込) 送料別
トイレや洗面ボウルなどの衛生陶器に付着した、白色スケールや黒いシミ、鉄分の茶色い付着、落ちにくい化粧品の汚れなどを強力に落とします。
陶器研磨パッド
キズがつきにくい!曲面が磨きやすく、使いやすい陶器専用設定
陶器汚れ落し PRO 5枚セット(個梱包なし)
価格:1,500円 (税込) 送料別
陶器専用設計の業務用研磨パッド。
陶器用研磨パットをまとめて買う時にお得な5枚セットです。
陶器研磨パッド

おすすめハウスクリーニング業者

【家事代行サービス業者】
Copyright(c) 2013 House cleaning market All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com