サイトトップお役立ち情報 ≫ 少額訴訟

ハウスクリーニング相場の比較サイト メイン画像

ハウスクリーニング相場に関するお役立ち情報

House cleaning market ではハウスクリーニングに関する
お役立ち情報を紹介しています。

賃貸退去時におけるトラブルの解決方法

原状回復のトラブルをはじめ、賃貸住宅をめぐるトラブルが発生した場合の解決方法は、賃貸人と賃借人の交渉や、不動産業者や管理会社を間に立てての交渉で解決を図ることが望ましいですが、交渉によって解決しない場合には、最終的には裁判により決着を図ることになります。

国土交通省住宅局が公表している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」は、裁判所の判例をもとに国土交通省が作成した指標であり、残念ながら法律ではありません。
そのため、国土交通省のガイドラインを根拠に、賃貸人や不動産業者などと交渉しても、「ガイドラインは法律ではくあくまで指標だ」と言われ、相手にしてくれない場合も多いようです。

交渉によって解決しない場合には、弁護士に相談することでトラブルを解決できる可能性がありますが、それでもダメなら最終的には裁判するしかありません
ですが裁判は、費用や時間等の問題から簡単に出来るものではありません。
そんな時に便利な制度が「少額訴訟手続」になります。

少額訴訟手続

賃貸住宅にかかる相談、苦情処理業務は、地方公共団体の相談窓口や消費生活センターなどの行政機関においても実施されています。
ですが、原状回復といった賃貸住宅の管理の分野等の問題は、直接的な取締法規がなく、賃貸住宅の契約関係のような民事紛争においては、行政機関(警察も含む)が当事者間の間に立って、一定の判断を下してそれに従わせることは出来ません。
地方公共団体の相談窓口や消費生活センターなどの行政機関においては、紛争解決への助言・あっせん、紛争解決制度等の情報提供などが行われており、利用料金も無料のため、まず最初に情報収集に利用するのもトラブル解決へ向けた第一歩になります。

そして、最終的な解決を図るのに最適な制度が「少額訴訟手続」です。
少額訴訟手続は、民事訴訟のうち、少額の金銭の支払をめぐるトラブルを少ない費用で迅速に解決することを目的とした制度です。
民事訴訟法の改正により、平成10年から施行され、裁判における費用や時間等の問題を軽減して、裁判であっても比較的少ない費用と時間で判決を言い渡します。
この制度は、60万円以下の金銭の支払を求める訴えについて、原則として1回の審理で紛争を解決する審理手続で、裁判所は、原告の主張(支払)を認める場合でも、分割払、支払猶予、遅延損害金免除の判決を言い渡すことができるものとされています。
原状回復及び敷金返還にかかるトラブルにも対応できる制度のため、最終的な解決方法として利用することが出来ます。
また、借主側に裁判所の判例などの根拠があり、貸主がただ返したくないから敷金を返還しない場合などは、貸主に訴状を送った段階で、貸主が諦めて解決する場合も多くあります。


【少額訴訟の特徴】

●60万円以下の金銭の支払いをめぐるトラブルに利用することが出来ます。
●契約書などの証拠書類は、審理の日にその場ですぐ調べることが出来るものに限られます。
●弁護士に依頼する必要がないほど手続きが簡単で、自分で訴状などを作成できます。
●費用が安いのが特徴で、裁判自体は10万円までごとに1,000円の手数料で裁判が出来ます。
●原則として審理は1回でその日のうちに判決が下されるので時間が係りません。




Copyright(c) 2013 House cleaning market All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com