サイトトップお役立ち情報 ≫ エアコンの異音や水漏れの原因と対策

ハウスクリーニング相場の比較サイト メイン画像

エアコンの異音や水漏れの原因と対策

House cleaning market が
エアコンについて紹介しています。

エアコンのトラブル|エアコンの異音や水漏れの原因と対策

エアコンは使用しているうちに異音や異臭、水漏れなどのトラブルに見舞われる場合があります。
きちんとメンテナンスしていれば、基本的には長く使用して頂けるのですが、それでも電化製品なので故障することもあります。
お掃除機能付きエアコンなどの上位機種は、特にセンサーなどが多いので故障も多くなっているようです。
このページは、そういったエアコンのトラブルに対する質問や対処方法を紹介しています。

エアコンを付けると異音がする

エアコンのトラブルで一番多いのは、エアコン運転時の異音(大きな音など)です。
エアコンの故障が原因の場合も多いですが、異音がするのは多くの原因が考えられ、故障ではない場合もあります。


■ エアコンのフィルターが目詰まりしている場合。
エアコンのフィルターが目詰まりしている場合、エアコンが空気を吸い込むことが出来ないので、無理やり空気を吸い込もうとして「ブーン」や「スー」という異音が運転中にします。(振動を伴う場合もあります。)
フィルターが目詰まりしている場合は、フィルターを外して掃除することで解決する可能性があります。

■ エアコンの熱交換器が目詰まりしている場合。
エアコンは、熱交換器(アルミフィン)を冷たくしたり熱くしたりすることで、その間を通る空気(風)の温度を調節をしています。
その熱交換器が目詰まりしている場合、エアコンの内部の空気の通り道が詰まっているので、無理やり空気を通そうとして「ブーン」や「スー」という異音が運転中にします。(振動を伴う場合もあります。)
熱交換器が目詰まりしている場合は、熱交換器を掃除(エアコンクリーニング)することで解決する可能性があります。

■ フィルターも熱交換器もキレイなのに異音がする場合。
フィルターも熱交換器もキレイなのに異音がする場合は、エアコンのモーターやファンの異常などが考えられます。
ファンに異物が挟まっている場合には異物を取り除くことで解決する可能性がありますが、ファンにヒビが入ったり破損がある場合には修理が必要なのでメーカーに問い合わせる必要があります。
それ以外の場合には、モーターなどの劣化が考えられますので、自分では手を出さずにメーカーに修理依頼するのがいいでしょう。

※ エアコン運転中の「コポコポ」という音について
エアコン運転中に「コポコポ」という音がする場合がありますが、これは室内と室外の気圧差で起こる現象で、故障ではありません。
マンションなどの高気密住宅で起こる現象で、家中を閉め切ってエアコンを運転すると室内の気圧が室外よりも低くなるために、室内外が繋がっているエアコンのドレンホースから空気が入って来るために起こります。
ポコポコ音が気になる場合、ホームセンターで売っている「エアコン用消音防虫弁 おとめちゃん」を取りつけることで解決します。

エアコンから水漏れがある

夏の冷房運転中のトラブルで多いのが、エアコンから水が垂れてくるトラブルです。
ドレンパンの破損の可能性はあるものの、ほとんどの場合はドレンホースの詰まりが原因で、自分で解決することが出来ます。


■ ドレンホースの詰まりが原因で水漏れがする場合。
冷房運転時のエアコンは、熱交換器をギンギンに冷やすので結露して水浸しの状態になります。
通常は、その結露水をドレンパン(水受け)に溜めてドレンホースから外に流すのですが、ドレンホースがゴミなどで詰まっていると外に水を排出できないため、ドレンパンから水が溢れだします。
この場合、ドレンパンに溜まった水が表面張力で盛り上がり、一度の多くの水がこぼれ落ちるという特徴があります。
ドレンホースが詰まっている場合は、外のドレンホースの先っぽから掃除機などで一気に吸い込むことで解決します。

■ ドレンホースのたるみが原因で水漏れがする場合。
ドレンホースを横に引っぱっている場合などで、ホースが途中でたるんだり折れ曲がったりしている場合にも水漏れが起こります。
その場合には、ドレンホースのたるみや折れ曲がりを直すことで解決します。

■ ドレンホースは詰まっていないのに水漏れがする場合。
ドレンホースの詰まりが原因でない場合、室外機を高い所に取り付けている場合に室外機にかかった雨などが入ってきている可能性や、エアコンの冷媒不足、ドレンパンの破損などの理由が考えられます。
いずれにしても自分で対処することは難しいので、メーカーに修理依頼する必要があります。
まれに、熱交換器の目詰まりが原因でエアコンから水が飛び出す場合もありますが、その場合には熱交換器を掃除(エアコンクリーニング)することで解決する可能性があります。

エアコンを運転させると鼻がムズムズする・鼻水がでる

エアコンクリーニングを検討される理由で多いのが、エアコン運転中の体調の変化に関するトラブルです。
室内を寒くしすぎの場合や、外から室内に入った時の温度差などで自律神経がおかしくなっている可能性もありますが、エアコンから吐き出されるハウスダストが原因のアレルギー性鼻炎になっている可能性もあります。


■ エアコンが汚れていてハウスダストを吐き出している場合
冷房運転時のエアコンは、熱交換器をギンギンに冷やすので結露して水浸しの状態になります。
そのためエアコン内部は湿度が高く、ホコリなどの栄養源もあるため、カビやダニなどのハウスダストが繁殖しやすい環境です。
カビはエアコン内部で繁殖していますので、エアコン使用中は室内にカビを撒き散らしていることになります。
カビ臭い嫌なニオイが部屋に充満するのはもちろん、吐き出された空気が子供のアレルギーの原因になるとも言われ、特に、赤ちゃんや小さなお子様がいる家庭では注意が必要です。
エアコンの汚れが原因の場合には、エアコンクリーニングで解決する可能性があります。

■ 室内と室外の温度差が原因で体調を崩している場合(冷房病)
冷房が効いたエリアに長時間いた後、暑い外気温にさらされることを繰り返したときに自律神経の機能不全をおこす場合があります。
冷房病と言われ(正式な病名ではありません)、自律神経の働きが不安定な乳幼児や老人、薄着で冷房の強いオフィスにいることが多い女性がなることが多いと言われています。
人間の体温調節をつかさどる自律神経は、5°C以上の急激な気温変化に対処できないため、それが繰り返されると、体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたし、自律神経失調症類似の症状となります。(Wikipediaより)
室内を冷やしすぎないことと、室内と室外の温度差を5°C以内にすることで解決する可能性がありますが、オフィスなどでそれが無理な場合、夏でも上着を持ち歩き、冷房の効いたエリアでは上着を着ることで対応する必要があります。

冷房病とは?|エアコンを付けると調子が悪くなる原因と対策


エアコンを運転しても効きが悪い(冷えない・暖まらない)

夏に冷房をつけても冷えなかったり、冬に暖房をつけても暖まらなかったら困ります。
エアコンの効きが悪い場合に、まず自分で確認出来るのはフィルターと熱交換器の汚れです。
フィルターと熱交換器が汚れていない場合は、すぐにメーカーに電話して対応してもらうのが一番です。


■ フィルターと熱交換器の汚れが原因の場合
エアコンは、まず空気を吸い込んで、その空気を冷やしたり暖めたりしてから吐き出します。
フィルターは空気を取り込むところですから、目詰まりしていれば風量が落ちて効きが悪くなります。
また、エアコンは、熱交換器の間に風を通すことで温度調節しているので、熱交換器が目詰まりしていても同様です。
さらに、室外機の熱交換器が目詰まりしてる場合も、同様にエアコンの効きは悪くなります。 その場合には、フィルターと熱交換器を掃除(エアコンクリーニング)することで解決する可能性があります。

■ フィルターも熱交換器もキレイなのに効きが悪い場合。
フィルターも熱交換器もキレイなのに効きが悪い場合は、室外機の問題や、冷媒ガスが抜けているなどの理由が考えられます。
冷房が効かない場合、室外機が熱くなりすぎていないか確認して、熱すぎる場合には室外機に日陰を作るなどの対策が必要です。
また、室外機が吐き出した熱い空気(冷たい空気)をまた室外機が吸い込むような環境の場合、室外機の周りに物を置かず風通しをよくする必要があります。(省エネ・節電対策にもなりますので大切です。)
それ以外の場合には、ガス抜けなどが考えられますので、自分では手を出さずにメーカーに修理依頼するのがいいでしょう。
※ 何だかの理由でエアコンがおかしくなっている場合、一度コンセントを抜いて、エアコンを再起動すると直る場合もあります。

※ 暖房運転時に途中でエアコンが止まる場合について
暖房運転時の室外機は、外気を吸い込んで、外気よりもさらに冷たくした空気を吐き出します。
外気温が寒いうえに湿度があるような場合には、室外機の熱交換器が霜付きと呼ばれる状態になり、熱交換器の間に風を通すことが出来なくなるために、エアコンは霜取り運転を優先させることになります。
霜取り運転が終わるまでは暖房が動かないので、霜取り運転が終わるまでの間は待つ必要があります。

おすすめエアコンクリーニング業者

Copyright(c) 2013 House cleaning market All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com